住友林業の営業担当さんについて

HM選び

葉っぱです。ご覧いただきありがとうございます。

住友林業の営業さんについて記事にしようと思います。というのもHM選びの際に営業担当がどのような方なのか、顧客の要望に真摯に対応してくれるのか、値引き時の権限などはあるのか、そもそも信頼できるのか、など非常に重要な役割だと言えるからです。

葉っぱの場合、紹介制度なども知らず、とりあえず情報収集のために住友林業のHPからMYHOME PARKを閲覧するためにアカウントを作ったところ、営業さんから電話(つまり営業ガチャ)がきたという流れでした。

これは何も考えずに住宅展示場に行ったパターンと似ていると思います。

ただ、予算を記載するところがあるので、予算や顧客の年齢に応じて営業担当をアサインしていると思われ、完全なガチャではないはずです。しかし、より良い営業さんに担当してもらうべきだと考えます。そのため、紹介制度は単に特典があるだけでなく、頼りになる営業さんに担当してもらうという意味で非常に重要だといえます。

葉っぱを担当してくれた営業さんについて紹介しますが、もし関東圏内で住友林業を検討されたい方がいらっしゃいましたらTwitterからDMをいただければご紹介します。

Follow @Sanchublog

葉っぱにとって当初から営業さんがどのような方なのか非常に重要視していました。重要視していたポイントとしては

  • 親切で誠実
  • 回答が早い
  • 知識が豊富
  • 葉っぱ夫婦の好みを知ろうするかどうか(重要)

でした。ちなみに担当の営業さんはその点で120点と言えました。

まず初対面の時ですがA3ぐらいの用紙に葉っぱが話すキーワードをとにかくメモしていたのが印象的でした。積水ハウス、ミサワホームの営業さんはメモはそれほど取らなかった点と比べ、20倍以上はメモを取っていたと記憶しています。おそらく顧客の好みや重要視している点を理解する&社内に共有していくためだと思われます。

また、何度かお会いしていき設計士さんを紹介いただくのですが、顧客に適した設計士を担当になるよう調整もしてくれていました。多くの先輩ブログを読んでいますが設計士さんが合わないと間取りの提案からしっくり来なくて結果、後悔や解約に至った方もいるようです。顧客に適した設計士や契約後のインテリア担当などアサインする立場の営業さんは非常に重要な役割だと言えます。

住友林業の営業さんは、そのような意味でもまず顧客のことを知り、適した人材をアサインし、そして顧客との信頼関係が築けるよう即レス、親切な対応など非常に素晴らしいと言える方でした。

さらに葉っぱが購入した土地の契約時にはオブザーバーとして同席し、質問してくれたり、敷地内の電柱撤去のため動いてくれていたり、と家を売る以外のことも率先して実行してくれる頼りになる方です。

また、話が進んでいき、葉っぱ夫婦の取り入れたいオプションなど増えていくことで、当然予算を大幅に超えていくことになります。この時も予算感を常に確認しつつコミュニケーションを取ってくれました。そうすることで価格を提示した際にお互いにミスマッチが起こらないように配慮した動きです。

ただ、葉っぱとしては取り入れたい要素をふんだんに伝え、そして予算としてはここまでのオーバーでおさえたい旨を伝えていたため、最後の最後で物凄い(先輩ブログの方達以上に)値引きをしてくれました。

ここまで出来たこともやはり営業さんの力(社内稟議を通すために必要)があってこそですね。

具体的な値引き額をお伝えすることは出来ないのですが、どこかで値引きをするための葉っぱが実践してきた方法を纏めたいと思います。

 

HM選びにとって営業さんは重要!というお話でした!